その1:服装は「歩ける」服装を。

場所に寄っては、車などが入れず、山道の様な所を割と「歩く」場所も存在して居ます。
そう言う所に行く事も考えて、靴は運動靴を用意する等、歩きやすい服装をするようにしましょう。

その2:天候情報に注意を。

例えば黒崎の鼻や小網代の入江など、「雨が降って居る時・雨が降った後」等に行くと、泥だらけになったりとか足場が滑る等の危険が発生する可能性がある場所と言うのも存在して居ます。
聖地巡礼を行う際は、天候情報もしっかりと仕入れてから行きましょう。
また、場所に寄っては風の強い所もありますので、帽子をかぶって行く場合は帽子が飛ばされたりしないようにご注意下さい。

その3:荷物にならない程度で「必要そうな物」は、持って行くと意外と便利かも。

例えば絆創膏とかは、歩き回った後で足に靴ずれが出来てしまった時とかの応急手当とかに使えます。
チリカミハンカチは言うに及ばず。
多少のお金を持って行っても、この時代割とあちこちにコンビニ等も多いので助かるとは思います。

ま、「おやつは300円以内」とまでは言いませんが(笑)。

その4:自分で出したゴミは自分で責任を持って持ち帰る。

あちこち移動したりしますと、当然ながら飲み物を飲んだり、あるいは食べ物を食べたり、たばこを吸う人ならたばこを吸ったりとする筈。
そんな際に出たゴミは、家まで持ち帰るか、あるいは最寄りのゴミ箱へ。
コンビニや駅のゴミ箱とかが便利で良いかも。
・・・イヤ、本来は家まで持ち帰るのが筋なんですがね。
あと、言うまでもありませんが自然の中にある所がおおいので、歩きタバコは当然ながら禁止です。

その5:立ち入りを制限されて居る所には入らない。~

小網代の入江等は、散歩道以外では私有地であったりして立ち入りが禁止されて居る場所が多数あります。
また、黒崎の鼻の「カフェ・アルファ」のモデルになってる(?)黄色い壁の家は、れっきとした所有者が居る家です。
そう行った所に無断で入る事は、今後聖地巡礼を行えなくなったりする危険性も産み出しかねません。
どうしても立ち入りたいと言う場合は、事前に許可を得てから行きましょう。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-02-17 (日) 16:44:25 (2783d)